その他のセンサーや予測モデルによる大気汚染の測定方法

Share: aqicn.org/experiments/










Air Quality monitoring has existed since the 70's, and surprisingly, the equipement used nowdays is still based on the same technology as in the 70's, i.e Beta Attenation Monitors (aka BAM). Almost 50 years later, in 2014, the progress in technology is now allowing us to use new solutions to monitor the Air Quality, with a quality as good as the BAM monitors, but at a much more affordable cost.

The World Air Quality Index project team is involved in understanding, assessing and verifying those new technologies, and this to ensure that they can realiably replace the more traditional BAM-based setups. In this page, you wil find the list of on-going, planned and concluded experiements.


--

On-going experiments

  • The Dylos Air Particule counter: Can it be used as a substitue of more expensive BAM monitors? A one-year long experiments on trying to correlate Dylos and BAM data in Beijing.
  • Low-cost shinyei and samyoung Sensors: Low cost sensors are used in many of the 'Air Sensor Toys' appearing on Internet. But, can those ultra low-cost sensor provide any good information on air quality? Can any reliable AQI be deducted?

Concluded experiments

  • Haier Air Box: A reverse engineering of the Haier AirBox air quality sensor for the smart home.

Planned experiments

  • The GFS Wind forecast: Is it really accurate? How do actual and predicted data differ?
  • Predicting Air Quality: using the GFS wind forecast to predict Air Pollution flux

--

If you too, you are an Air Quality enthusiast and are interested in joining the experiments, you can contact us or just simply use the discussion board below to propose new experiments, or enhancement to existing experiements.

And if you are an organization or department with official Air Quality data that you would like to publish on aqicn.org, please refer to our publishing data guide.

--

Read or publish comments (they rely on Disqus)

大気汚染指数の測定方法:

大気汚染レベルについて

指数 大気質指数の分類(米国) 健康影響 / カテゴリ 粒子状物質(PM10,PM2.5)
0 - 50 良い - Good 通常の活動が可能 なし
51 -100 並 - Moderate 特に敏感な者は、長時間又は激しい屋外活動の減少を検討 非常に敏感な人は、長時間または激しい活動を減らすよう検討する必要がある。
101-150 敏感なグループにとっては健康に良くない - Unhealthy for Sensitive Groups 心臓・肺疾患患者、高齢者及び子供は、長時間又は激しい屋外活動を減少 心疾患や肺疾患を持つ人、高齢者、子供は、長時間または激しい活動を減らす必要がある。
151-200 健康に良くない - Unhealthy 上記の者は、長時間又は激しい屋外活動を中止
すべての者は、長時間又は激しい屋外活動を減少
心疾患や肺疾患を持つ人、高齢者、子供は、長時間または激しい活動を中止する必要がある。それ以外の人でも、長時間または激しい活動を減らす必要がある。
201-300 極めて健康に良くない - Very Unhealthy 上記の者は、すべての屋外活動を中止
すべての者は、長時間又は激しい屋外活動を中止
心疾患や肺疾患を持つ人、高齢者、子供は、全ての屋外活動を中止する必要がある。それ以外の人でも、長時間または激しい活動を中止する必要がある。
300+ 危険 - Hazardous 上記の者は、屋内に留まり、体力消耗を避ける
すべての者は、屋外活動を中止
全ての人が屋外活動を中止する必要がある。特に、心疾患や肺疾患を持つ人、高齢者、子供は、屋内に留まって激しい活動を避け静かに過ごす必要がある。
(Reference: see wikipedia, and cn.emb-japan.go.jp/)

大気汚染についての更なる詳細をお知りになりたい方は、WikipediaAirNowを参照してください。

北京在住の医師Richard Saint Cyr氏による大変役に立つ健康上のアドバイスは、 www.myhealthbeijing.com をご覧ください。


使用上の注意: すべての大気質データは公開時点では妥当性が担保されていないため、これらのデータは予告なしに修正することがあります。 世界大気質指数プロジェクトは、この情報の内容を編集に最善の注意を尽くしておりますが、いかなる状況においても World Air Quality Index プロジェクトチームまたはそのエージェントは、このデータの供給によって直接的または間接的に生じる損失や損害について責任を負いません。



設定


言語を選択:


Temperature unit:
Celcius