Revised PM2.5 AQI breakpoints

Posted on September 9th 2013
Share: aqicn.org/faq/2013-09-09/revised-pm25-aqi-breakpoints

For some historical reason, the AQI convertion formula used for some of the cities on the World Air Quality Index project were not using the updated 2012 EPA PM2.5 standard. (This is only relevant for cities in Asia, like Japan and Taiwan. Other continents (America, Europe and Australia) have always been using the 2012 standard.

The main change is this updated EPA standard, published on December 14th 2012, compared to the previous one (published in 1999), is to reduce (limit) the PM2.5 AQI level 50 from 15µg/m3 to 12µg/m3, and this in order to enforce more strict air quality standards.

Since September 9th 2013, all the countries are now using the same PM2.5 AQI conversion scale, which is reflected in this table:

AQI CategoryIndex ValuesPrevious Breakpoints
(µg/m3, 24-hour average)
Revised Breakpoints
(µg/m3, 24-hour average)
Good0 - 500.0 - 15.00.0 – 12.0
Moderate51 - 100>15.0 - 4012.1 – 35.4
Unhealthy for Sensitive Groups101 – 150>40 – 6535.5 – 55.4
Unhealthy151 – 200> 65 – 15055.5 – 150.4
Very Unhealthy201 – 300> 150 – 250150.5 – 250.4
Hazardous301 – 400> 250 – 350250.5 – 350.4
Hazardous401 – 500> 350 – 500350.5 – 500


On a PM2.5 particule mass scale from 0µg/m3 to 100µg/m3, here is a visual comparison for the old and new standard AQI grades:

Particule
mass
10 µg/m320 µg/m330 µg/m340 µg/m350 µg/m360 µg/m370 µg/m380 µg/m390
         
Old AQI
Standard:
0..5050..100100..150150.....
         
New AQI
Standard:
0..5050..100100..150150.....


The Ozone calculation has also been updated to taken into account the 8-hours standard: The Ozone AQI is the calculated as the maximum of the 1-hour and 8 hours AQI, where the 1 hour AQI is only valid above 100 and the 8 hours AQI below 300. The 8 hour averaging is based on the calculation described in the procedure for calculating state 8-hour ozone concentrations.

AQI CategoryIndex Values8-hours breakpoints
(ppm)
1-hour breakpoints
(ppm)
Good0 - 500 - 60-
Moderate51 - 10060 - 75-
Unhealthy for Sensitive Groups101 – 15075 – 95125 - 165
Unhealthy151 – 20095 – 115165 - 205
Very Unhealthy201 – 300115 – 375205 - 405
Hazardous301 – 500-405 - 505




Click here to see all the FAQ entries
  • Nitrogen Dioxyde (NO2) in our atmosphere
  • Ozone AQI Scale update
  • Kriging Interpolation

  • Read or publish comments (they rely on Disqus)

    大気汚染指数の測定方法:

    大気汚染レベルについて

    指数大気質指数の分類(米国)健康影響 / カテゴリ粒子状物質(PM10,PM2.5)
    0 - 50良い - Good通常の活動が可能なし
    51 -100並 - Moderate特に敏感な者は、長時間又は激しい屋外活動の減少を検討非常に敏感な人は、長時間または激しい活動を減らすよう検討する必要がある。
    101-150敏感なグループにとっては健康に良くない - Unhealthy for Sensitive Groups心臓・肺疾患患者、高齢者及び子供は、長時間又は激しい屋外活動を減少心疾患や肺疾患を持つ人、高齢者、子供は、長時間または激しい活動を減らす必要がある。
    151-200健康に良くない - Unhealthy上記の者は、長時間又は激しい屋外活動を中止
    すべての者は、長時間又は激しい屋外活動を減少
    心疾患や肺疾患を持つ人、高齢者、子供は、長時間または激しい活動を中止する必要がある。それ以外の人でも、長時間または激しい活動を減らす必要がある。
    201-300極めて健康に良くない - Very Unhealthy上記の者は、すべての屋外活動を中止
    すべての者は、長時間又は激しい屋外活動を中止
    心疾患や肺疾患を持つ人、高齢者、子供は、全ての屋外活動を中止する必要がある。それ以外の人でも、長時間または激しい活動を中止する必要がある。
    300+危険 - Hazardous上記の者は、屋内に留まり、体力消耗を避ける
    すべての者は、屋外活動を中止
    全ての人が屋外活動を中止する必要がある。特に、心疾患や肺疾患を持つ人、高齢者、子供は、屋内に留まって激しい活動を避け静かに過ごす必要がある。
    (Reference: see wikipedia,and cn.emb-japan.go.jp/)

    大気汚染についての更なる詳細をお知りになりたい方は、WikipediaAirNowを参照してください。

    北京在住の医師Richard Saint Cyr氏による大変役に立つ健康上のアドバイスは、 www.myhealthbeijing.com をご覧ください。


    使用上の注意: すべての大気質データは公開時点では妥当性が担保されていないため、これらのデータは予告なしに修正することがあります。 世界大気質指数プロジェクトは、この情報の内容を編集に最善の注意を尽くしておりますが、いかなる状況においても World Air Quality Index プロジェクトチームまたはそのエージェントは、このデータの供給によって直接的または間接的に生じる損失や損害について責任を負いません。



    設定


    言語を選択:


    Temperature unit:
    Celcius